ブログ
BLOG

擦過傷完治

11月1日に「はらぺこあおむし」の気球のフライトを手伝い、両手と左足をロープで擦りむいた傷が、ようやく完治した。
手は3週間ほどで全ての絆創膏が取れたのだが、怪我をしたときには大したことではないと思っていた左足の回復が思いのほか時間がかかった。

このような怪我を体験すると、日常的な動作がどれほど複雑で、特に指には意外と力がかかっているかがよくわかった。

普段は自分の外側の世界に意識しているが、怪我や病気をすると、自分の外側の世界より、自分自身に意識が向いてしまう。

とにかく完治するのに2ヶ月が長く感じた。そんなことを言うと、アインシュタインからは

「熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。」

と言われてしまいそうだ。
制作でない > 考える | comments (11)

コメント

コメントフォーム