仔鯨

SUBMENU

  1. ソラニラクガキ
  2. カゲオクリ
  3. エアドーム
  4. 仔鯨
  5. かみふうせん
  6. 記憶の種
  7. ソラフミ
  8. 海月
  9. たまご
  10. 空つなぎ
  11. かげから
  12. 色+色
  13. こぼれでる春
  14. ソラミ
  15. 雲の回廊
  16. やみやぶき

仔鯨

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5

2008年、東村山第一中学校土曜開放で10月中旬から6日に渡り制作、11月末にフライト。

小中学生が制作からフライトまですべてを行う企画を構想。クジラを飛ばし制作者がそれを操り夜の空を泳がす。

シロナガスクジラは地球上に存在した最大の動物と言われ、最大33m以上のものが発見されている。生まれたときには7mほどであるが、離乳時には15mに成長する。その15mの仔鯨をモデルにし、実寸大を制作した。仔鯨の色も中学生がスケッチを描き、話し合い、それを繰り返すことで「海を内包している仔鯨」というイメージが明確になっていく。

空中で泳がすために作られた仔鯨には4箇所にロープが接続されている。3分の1の大きさの模型でフライトシミュレーションを何度も行いそれぞれがどのように動けばよいのか把握する。

フライト当日は風が強く悪天候であったにも関わらず、荒波を楽しむかのように宙を舞った。

ブログにも仔鯨に関連した記事があります。

写真

フライト2008年11月29日
全高15m
飛行場所東村山市立東村山第一中学校
Copyright © 2005-2019 fukuramu.org, All Rights Reserved.
URL:https://fukuramu.org, E-mail:info@fukuramu.org