ブログ
BLOG

PENTAX K-5とRICOH XR RIKENON REFREX 1:8 600mmの組み合わせ

水面

ふくらむの活動とはまるきり関係ないないのですが、タイトルの件でちょっと困って、検索をしたけどネット上で情報が出てこなかったのでこの先同じように困る人がいた場合を考えちょろっと書いておきます。

端的に言うとPENTAX K-5にRICOH XR RIKENON REFREX 1:8 600mmは装着できません。そのままでは。

お約束的な文言ですが、この記事を読んで行なった行為によって、生じた損害は一切責を負えませんので自己責任でお願いします。
この先、このカメラとレンズを組み合わせようと試みる人が何人いるか分からないですけど。

リコーの600mmのミラーレンズの比較的安く入手しました。
カビ玉だったけど、ま、写りゃいいかという気持ちでしたが、そもそも、K-5に装着できないという状態。
どうやら、絞りレバーのガード部分が干渉している様子。
ここが干渉しているっぽい
ミラーレンズは絞り無いし、必要なかろうとの判断し、カットすることに。根元をコリコリとカッターで数度キズをつけ、ペンチでむしりました。

無事に装着できましたが、ファインダーをのぞくとエラク霞んでいる。ま、写りゃいいかどころではなく、カビが致命的だったようで仕方が無いのでクリーニングに出すことに。
ミラーレンズのクリーニングを看板に掲げているお店は結構少なく、インターネットで検索して、ミラーレンズ対応をうたって値段をキッチリ出している豪徳寺カメラサービスに頼みました。

そんでもって今日何枚か撮って来ました。
カビはきれいに無くなりましたが、侵食痕が若干残り、ミラーレンズで、モノも古いヤツなので写りについてはそんなに期待していなかったのですが……、まあ、期待以上でも期待外れでもないです。

トップの写真は水面に映った夕日をピントをズラして撮ったものです。所謂リングボケがどんなものかと。

鳥
近所の池にいる鳥です。フレーム外にはカルガモもいます。種類の違う三羽が仲良く泳いだり日向ぼっこしている風景をよくみます。

月です
望遠を買うと意味も無く月を撮りたくなるものです。
しょうもない三脚しかないので若干ピントが合っていません。
しっかりした三脚を用意して、天候の良い日に狙えばもう少しクリアに写るんじゃないかと思います。

以上、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない更新でした。
制作でない > 道具/素材 | comments (2) | trackbacks (0)

コメント

かいし | 2013/03/17 23:21
お役に立てたのならば嬉しいです。
どんな事でも書いてみるものですね。

そして、ist DS、K200Dには装着できるという情報ありがとうございます。
この話もまた、誰かの役に立つことがあるかと思います。
matsumo | 2013/03/17 21:17
こんにちは

このレンズ、持っています。ペンタックスのデジ一眼レフ、ist DS、K200D、K-5と使ってきましたが、前2つでは装着できたのに、K-5では装着できなかったので、不思議に思っていました。ペンタックスリコーイメージングになってから、新宿のペンタックスフォーラムに聞いても、わからなかったですし。

これで、私もK-5で使用できそうです。どうも有り難うございました。

コメントフォーム

Trackbacks