デイダラボッチ
DEIDARABOCCI

SUBMENU

  1. クリオネ
  2. デイダラボッチ
  3. アトム
  4. トトロ
  5. ソラニラクガキ
  6. カゲオクリ
  7. エアドーム
  8. 仔鯨
  9. かみふうせん
  10. 記憶の種
  11. ソラフミ
  12. 海月
  13. たまご
  14. 空つなぎ
  15. かげから
  16. 色+色

デイダラボッチ

  1. デイダラボッチ写真1
  2. デイダラボッチ写真2
  3. デイダラボッチ写真3
  4. デイダラボッチ写真4
  5. デイダラボッチ写真5

1999年に自由の森学園の学園祭で制作。映画『もののけ姫』のストーリーでデイダラボッチは人間によって朝日を浴びて消滅してしまう。高校の付近の山もゴルフ場が増え、木が少なくなっている。そんな現代の「自然」を見て森の神はどう感じるのだろう。人間によって殺された神を再び人間の手で復活させ、現代に現れた姿を見たかった。デイダラボッチは関東に多くの伝承があり、飯能にもダイダラボッチャの巨人伝説がある。

構想を始めてから2年後に企画を立ち上げ制作。人型という難易度の高い形のためコンピューターによる設計が導入された。フライト時には映画のストーリーを演出。26mという類を見ない大きさだったので、立ち上がったときには会場内が静まるほどの迫力だった。浮力がつくと、重くゆっくりと夜空へと浮かび上がった。

デイダラボッチ飛行

フライト1999年9月26日
全高26m
表面積766m2
体積866m3
滞空時間約3分
飛行場所自由の森学園グラウンド
Copyright © 2005-2017 fukuramu.org, All Rights Reserved.
URL:http://fukuramu.org, E-mail:info@fukuramu.org